手段について

高速バスの運営側

現在の交通手段の中には飛行機・電車・バイク等色々ありますが、その中で値段や移動の手軽さ等で一番コストパフォーマンスが良いのが高速バスです。しかしその高速バスを運営する上で低価格での運営を維持することができるのはそこで働く社員の血のにじむような努力による物が大きいのです。 近年夜間の1人乗務による過労で高速道路での事故が起こるなど、その極限までの人件費削減により労働者側は窮地に追い込まれており、経営者は人件費と安全面の両方を考えなければならない状況です。 今後日本は少子高齢化による労働人口の減少により各バス会社だけでなく、その他の交通機関とも競争が激化していくでしょう。しかしスキーツアーなどに関しては高速バスが最適な移動手段です。今後の高速バスのサービスに期待しましょう。

リーズナブルな移動からゆったりとした移動まで

高速バスのイメージというと、多くのかたは安く移動するための手段と答えるかたが多いと思います。しかし、昨今の高速バスのサービスは多様化しています。 夜行便を中心に3列シートや2列シートのバスも多数存在し、社内設備も電源コンセントはもちろん、無線LANを搭載したものもあります。 このような豪華装備の高速バスには、飛行機や新幹線のような速達性がない代わりに移動する時間も含めて楽しむ、いわば動くホテルのような立ち位置のものもあります。 もちろん、多くのかたがイメージするような、4列シートだけどその分安く移動できるリーズナブルな移動手段としての高速バスも存在します。 自分のニーズに合わせて多様な高速バスから選択することで、旅の頼もしい相棒になるのでしょうか。