知ることで

AirBnBについて

AirBnBは、使っていない物件(部屋)を持っている人と宿泊場所を探している旅行者をつなげるサービスです。 物件を持っている人がAirBnBに登録して、宿泊に使ってもらう部屋の様子や料金を公開します。その情報を、同じくAirBnBに登録している旅行者が参照して、宿泊先を選んだり物件所有者に質問をしたりします。最終的には、物件所有者と宿泊希望者の双方の同意によって宿泊契約が結ばれます。宿泊にかかった料金が物件所有者とAirBnBで分配されます。 宿泊料金は、物件所有者に決定権があり、統一された基準はありません。格安で泊まれる場合がある反面、一般的なホテルと同様に、ターミナル駅や有名観光地から近い、部屋の面積が広いなどの特徴があると料金が高く設定される傾向があります。

外国人旅行者へ部屋を貸して月10万円

AirBnBとは、外国人旅行者へ自分の部屋を貸し出し、宿泊料を頂くというビジネスです。個人で行う人や、副業として行う人もいます。 副業としてAirBnBを行い、月に10万円を稼ぎ出す人もいます。月に25日ほども稼働していて、利益率も良いという魅力的なビジネスです。AirBnBは最近、注目を集めるビジネスで、外国人旅行者の急増がきっかけになったのです。AirBnBを行うメリットとしては、副収入の他に、外国人との交流が楽しめるため、語学の勉強になったり、新鮮味のある体験ができるのです。外国人旅行者にとっても、それが良い体験になるので、WinWinの関係になります。ここまで魅力がたくさんあり、儲かるビジネスは珍しいのです。