利用金額

利用料金は車種や利用時間などで変動。

レンタカーの利用料金は、借りる車の車種や大きさなどによって異なります。車のグレードが高いほど料金は高く、サイズが大きくなる場合も同様です。基本的にはどのレンタカー会社にもオプションが用意されており、チャイルドシートやラッシング用ベルト、スタッドレスタイヤやチェーンなどは、追加料金を支払う事で利用出来ます。 利用料金は利用時間が長ければ長いほど高額になりますが、割安になる場合がほとんどです。また、借りた店舗とは異なる店舗に返却出来る会社もありますが、その場合は乗り捨ての別料金が発生するので注意しましょう。 ここ数年は、レンタカーの利用料金は全体的に下がっている傾向にあります。例えば4人乗りの小型車を12時間利用した場合、3000円前後という非常にリーズナブルな価格で貸出している専門業者もあります。そのため価格競争が激しく、今後はさらに利用料金が下がってくるでしょう。

レンタカーの歴史と現在。

現在日本では様々なレンタカー会社が各地の駅や空港周辺に店舗を構えていますが、その始まりは1950年頃です。事故やトラブルが多かったために次第に衰退していきましたが、1965年頃に複数の大手自動車メーカーが業界に参入した事をきっかけに、急速に発達してきました。 その後はレンタカーを専門に行う専門業者の数も増え、2000年までにはトラックや高級セダン、バスや軽自動車など、様々な車種を借りる事が可能な現在の形が確立されています。 現在ではレンタカー事業を行うガソリンスタンドが存在したり、コインパーキングやマンションの駐車場などではカーシェアリングと呼ばれる簡易的なレンタカーも一般的になっています。個人で自家用車を所有する事が少なくなってきた昨今は、レンタカーの需要が高まっており、カーシェアリングはそれを裏付けていると言って良いでしょう。