深める

社員旅行に行って親睦を深めよう

社員旅行は社員の親睦や慰労、福利厚生を目的に昔から多くの企業で行われています。 社員旅行は普段一緒に働いている人たちの別の一面を見ることができて、より一層親睦を深めることができます。それにより仕事での一体感がより増して、仕事の効率が上がることでしょう。社員旅行はJTBなどの旅行会社のツアーを使うことで幹事の負担を軽減させることができます。そのときの注意点としては事前に参加者にアンケートを取って、希望の行き先を聞き出すことで社員旅行の満足度を上げることができます。 このように社員旅行はメリットが多く存在するので、みなさんもぜひ実行してみることをお勧めします。行った後はきっと、社員旅行のよさを実感できるはずです。

社員旅行を意味のある行事にするためには

社員旅行の人気が復活してきました。震災以来人と人の絆が重視され、企業の社員もより絆が求められているからです。 かつて社員旅行と言えば、温泉、宴会のイメージでしたが、最近の社員旅行はそれだと行こうとする人がいなくなってしまいます。 最近の社員旅行で人気なのが、単に観光地を巡って温泉に泊まるというものではなく、実際に役に立つ研修的な場所も巡るというものです。例えば最新の工場の見学などを取りれる企業も増えてきています。また、大広間に集まって宴会をするというものも減っており、一つのテーマについて議論するなど、大学のゼミ合宿のような形態のものも増えています。このようにただの観光ではなく学習の要素を取り入れているのが最近の社員旅行なのです。